種類で異なる費用

医療器具

歯科の医療施設のほとんどが開業医であり、各地域に多くの医院が点在しています。この歯科には、意外にも診療科目が存在します。その科目には、「一般歯科」「小児歯科」「矯正歯科」「口腔外科」があります。口腔外科に関しては、単独な医院が多い事や、顎関節や下顎を取り扱う分野でもある為、区別されていることを理解しやすいですが、その他の科目では「全て含めたものが歯科」というイメージが強いです。 実際に3つの科目を標榜し、全ての医療提供を行う事もあります。この科目の分類は、従事する医師の専門を表すものであり、中には単独で標榜する施設も存在します。特に、現在注目を集める歯列矯正の分野においては、医師の技量が左右すると言っても過言ではなく、専門性の必要性は高まる一方となります。

「矯正歯科」における歯列矯正は、施設によって大きな費用差が生じます。保険適応外となる歯列矯正の治療では、独自の費用設定がなされており、行える治療方法によっても費用の違いが現れます。 「矯正歯科」に携わる医師は、矯正の知識や経験が十分であり、かつ学会に在籍する事で矯正認定医の資格を持つものが大半を占めます。患者個人差による歯列矯正で最も適した方法の判断、患者の負担となる費用と期間との適合性判断は、矯正認定医の判断に委ねられます。 歯列矯正の種類には、ワイヤー金属、マウスピース、インプラント、小児における床矯正など様々です。ワイヤーによるものは見栄えが恥ずかしいといったケースも多く、舌側設置やマウスピース使用する事もあります。この様なわずかな患者の精神状況も考慮しながら治療を進めていくのが矯正歯科における歯列矯正治療となるのです。