特徴と手法を知る

患者を治療中

歯の歪みやズレは、欧米よりも日本人に多いとされています。これは欧米人よりも日本人のほうが顎の骨格が小さいことが一つの理由だとされています。歯の矯正は、昔は大人になってから実施する人が多かったようですが、ここ数年では子供の頃に歯を矯正させる親が増えてきています。歯を矯正するには、専門の矯正歯科に通う必要があります。矯正歯科での治療は、短期間ではなく数年といった事が多いようです。治療費は、歯の矯正が遅れれば遅れる程に高くなると言われています。子供の場合だと治療費は30万円から60万円程度と言われていますが、治療する矯正歯科によって価格はまちまちです。 子供であれば、5万円程度の矯正器具で治療してくれる矯正歯科もあります。

子供の頃に矯正歯科で歯の矯正をさせる親は増加傾向にあります。歯の歪みやひずみをそのままで放置しておくと、かみ合わせが悪い状態で成長してしまい、将来、生活面において支障をきたす恐れもあります。 大人になってからでは、治療費が100万円以上かかる場合もあるとされていますので、できるだけ子供の頃に矯正歯科で歯の矯正をする事をおすすめします。 矯正期間は、症状によってもまちまちですが、通常短い矯正で2年から3年とされており、長い場合で5年以上の場合が多いようです。歯の矯正治療には、矯正器具を歯に装着することが多く、日常生活においては、慣れるまで口の中に違和感を覚えることも多々あるようですが、継続的な矯正具の利用が歯の矯正に繋がるので、継続利用を心がける必要があります。