価格を把握する

ライトをあて治療中

歯科治療に用いられるインプラントとは、顎の骨の中にチタン製のボルトを埋め込み、その表面に人工の歯を設置することで、歯の代わりにする方法のことです。 インプラントは、両隣の歯に固定して使用する入れ歯やブリッジとは違い、両隣の歯を傷めずにしっかりと固定することができます。そのため、噛み心地も良く、耐用年数も長いというメリットがあります。また、見た目にも本物の歯と区別が付かないほど精巧にできており、本物の歯と遜色なく使うことができます。 逆に、難点としては、健康保険の対象外の自由診療となるため、一般的に価格が高価格となることです。クリニックにもよりますが、1本あたり30万〜50万円の費用がかかることが多いです。

インターネットなどで検索すると、格安インプラントの広告を目にすることがあります。中には1本10万円程度で紹介されているような、平均価格と比較すると極端に安いクリニックもあります。 このような格安インプラントは、安全面で問題はないのでしょうか。現実的に、インプラントにかかる材料費や人件費などを勘案すれば、通常のクリニックで1本10万円での施術は不可能です。それでも格安だということは、粗悪な材料を使用していたり、施術が雑だったりする危険性が無いとは言い切れません。 施術に問題があるクリニックで起こりうるトラブルとして、インプラントが顎の骨を突き抜けてしまい、出血や神経の麻痺を引き起こすなど、重篤な問題となる可能性もあります。 必ずしも高価格であれば安心という訳ではありませんが、極端に格安なクリニックは避け、標準的な価格で施術を行っているところを選択するのが安心です。